みーくんのお弁当

<< 戻る   トップ >>

みーくんに作ってあげたお弁当

妻は5月15日に出産し、5月20日まで産院に入院していた。問題は、その5月20日がみーくんの遠足の日にあたっていたということだ。そして、遠足にはお弁当が必要なのである。

妻はこの日を楽しみに、お弁当箱や食器入れなどを用意してきたのだが、めぐり合わせによって弁当作成係が私に回って来てしまった。妻からは「おにぎりとウィンナーと卵焼き」というメニューを提案された。このうち、問題になるのは卵焼きだが、これは紀文の既製品「だしまき卵」でクリアし、おにぎりとウィンナーならなんとかなる。

そんなわけで (もしかすると初めての遠足のお弁当が) 父製作のきわめてワイルドなお弁当となったわけだが、2才児には大きすぎたおにぎり一個を残して食べてくれた。ほっとするとともにちょっと涙腺がゆるむ父であった。


作成: 2011-06-09 12:53:16.0更新: 2011-06-09 12:53:16.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1000,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1000