糾える縄

<< 戻る   トップ >>

糾える、と書いて「あざなえる」と読む。幸も不幸も糾える縄、という諺でしかしらない動詞である。さらにいえば、いま漢字に変換してはじめてこういう字がこの世にあることを知った。単独で出てこられたら読めない。もしかしたら糾弾の「糾」かと思ったらそうですね。

幸も不幸も糾える縄、とは「塞翁が馬」とほぼ同意と理解している。今日の不幸は猫が妻の書斎で粗相をしてしまったことである。昨晩、閉じ込めていないかと確認したはずだったが、下手をすると確認中に入れ替わりで侵入してしまった可能性もある。これで妻の機嫌は最悪、ちょうどそのときこちらの意識もちょっとパソコンのモニタの向こう側へ行ってしまっていたので (そして帰路ははるか彼方である) 対応も悪く、妻の機嫌は極超低気圧状態である。どのくらいの気圧かというと、ヒト睨みで猫の尻尾が狸のように太くなるほどであった。

さて、一方「幸」の方はウェブデザイン関連だ。しかもアレに関する話題である。「ウィリアムIII世のブラウザ」から「くそブラウザ」を経てついに「アレ」にまで転落してきた Internet Explorer であるが、よいニュースと悪いニュースを耳にした。よいニュースは、今年中には version 7 がリリースされるということだ。これまでさんざん悪態をついてきたが、ようするに「アレ6」は CSS level 1 対応のブラウザなのであって、CSS level 2 に対応した Firefox や Safari や Opera と比べるのが誤りだったのである。そのアレが version 7 で CSS level 2 に対応するということなのだ。嫌悪感というのは恐ろしいもので、アレについてろくに調査していなかったので今日はじめて知ったのだが、昨夏にはベータ版が配布されていたらしい。そして悪いニュースの方だが、今年中に version 7 がリリースされるということだ。どうせまともなはずはないから、クロスブラウザするのに無意味に苦労することになるだろう。それでも、アレ 7 は朗報である。「本(鴨乃嘴南蛮)ウェブサイトは CSS level 2 対応のブラウザでの動作を確認しております。Netscape 4.x、 Internet Explorer 6.x など、 CSS level 2未対応のブラウザでは、テキスト版を御利用下さい。」ということで、 アレ 6 をばっさりと切って捨てることができるのだ。ええ、ウェブウィンドウ版「鴨乃嘴南蛮」はアレ 6 に対応しません。


作成: 2006-01-09 02:14:56.0更新: 2006-01-09 02:14:56.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=101,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/101