MySQL に代わるもの (2) - Apache Derby

<< 戻る   トップ >>

Apach Derby

「鴨乃嘴南蛮 CMS」のデータ処理に使用されているデータベース管理システムを、MySQL から変更してみようと思う。それほど大量なデータを扱うでもなし、トランザクション処理があるわけでもなし、ということで軽量なものを候補とする。また、インストールも手軽なのに越したことはないので、yum でインストールできることも条件としよう。すると、SQLite / Apache Derby / hsqldb / H2 の4つが候補となろう。Apache httpd - Apache Tomcat とウェブサーバ・アプリケーションサーバともに Apache ブランドなので、まずは Apache derby から試用してみよう。

yum で rpm をインストールすると、次のようなファイルが展開される。

# rpm -qs derby-10.6.1.0
/usr/bin/derby-NetworkServerControl
/usr/bin/derby-ij
/usr/bin/derby-startNetworkServer
/usr/bin/derby-stopNetworkServer
/usr/bin/derby-sysinfo
/usr/share/doc/derby-10.6.1.0/README ...他
/usr/share/java/derby
/usr/share/java/derby/derby.jar
/usr/share/java/derby/derbyLocale_ja_JP.jar ...他
/usr/share/java/derby/derbyclient.jar
/usr/share/java/derby/derbynet.jar
/usr/share/java/derby/derbyrun.jar
/usr/share/java/derby/derbytools.jar
... 他

まずは derby の動作確認を行う。Derby の公式サイトに"Self-study tutorial for users new to Derby" がある。この教則は4項目から構成されている。ちゃっちゃと自習を進めて行くとしよう。

  1. Run SQL using the embedded driver
  2. Run SQL using the client driver
  3. Run a JDBC program using the embedded driver
  4. Create and run a JDBC program using the client driver and Network Server

3,4 については Java プログラムの実行になるので、Eclipse をつかって試してみたい。2 までやってみたところで本日の打ち止め。

なお、/usr/bin/derby-ij の変更(追加)箇所は次の赤字部分。

# Not loading all of derby, so that secure class loader
# can kick in
BASE_JARS="$BASE_JARS derby/derby"
BASE_JARS="$BASE_JARS derby/derbynet"
BASE_JARS="$BASE_JARS derby/derbytools"
BASE_JARS="$BASE_JARS derby/derbyclient"

ただし、上記コメント "Not loading all of derby, so that secure class loader can kick in." という状況を変えているので注意。


作成: 2011-09-16 10:42:35.0更新: 2011-09-16 22:44:55.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1027,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1027