F1「マジック」計算 (イタリアGP)

<< 戻る   トップ >>

ヨーロッパのF1レースを生中継すればおおむね夜の9時ごろのゴールデンタイムで、わけのわからんバラエティやドラマを放送するよりもよっぽど有意義だと思うのだが、フジテレビにはその意義を見出せないらしく、地上波はもちろん、BSですら放送しない。面白くもないバラエティやドラマに押し出されて23:50からの放送となると、翌日の仕事に差し支えることもあるので、録画のしたものを後日楽しんでいる。イタリアGPはたまたま地上波放送を見たのだが、録画派も多いのではないかと思う。私はきちんとレースを見るまでニュースなどで結果を知りたくないと思うタイプだ。同じタイプのいわば同胞が不幸にも結果を誤って知ることがないよう、マジック計算はレースからしばらくたってから掲載するようにしている。これより先週のイタリアGPのマジック計算をするが、当然計算のためにレースの結果が含まれるので「同胞」の方には注意を促す。

レースの結果は1位はフェッテル(レッドブル)、2位バトン (マクラーレン)、3位アロンソ (フェラーリ)となる。ウェーバーはリタイア。この結果、ポイント首位合計でフェッテルは284ポイント、2位はアロンソで172ポイントである。残り6グランプリ全てをアロンソが優勝すると、172+150=322ポイント。アロンソはこれまで1度しか優勝していないので、この場合でも優勝回数は7回にしかならならい。フェッテルは8回優勝しているので、38ポイント取得して同点にすればよい(同点なら優勝回数の多い方がワールドチャンピオン)。7位(6ポイント)5回と6位(8ポイント)1回でチャンピオンになれる。

来週はシンガポールのナイトレース。市街コースで、「コースを歩いたことのある」唯一のグランプリである。楽しみだ。


作成: 2011-09-19 23:45:27.0更新: 2011-09-22 02:02:15.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1029,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1029