ij の由来

<< 戻る   トップ >>

Apache Derby データベース管理システムの基本ユーティリティ、ij コマンドの名前の由来がわかった。Apache の Derby API マニュアルによると以下のとおり。

ij is Derby's interactive JDBC scripting tool. It is a simple utility for running scripts against a Derby database. You can also use it interactively to run ad hoc queries. ij provides several commands for ease in accessing a variety of JDBC features.

「ij は Derby の双方向で JDBC を操作するツールである。Derby Database に対してスクリプトを実行するシンプルなユーティリティーである。SQL コマンドにより検索し、その結果を得ることもできる。ij には JDBC の各種機能にアクセスするいくつかのコマンドも用意されている」。"Interactive JDBC" で ij らしい。JDBC は Java Database Connectivity の省略語だから ij の 'j' が Java 由来であるという予測もあながち間違でもないようだ。さすがに 'i' は IBM ではなかったが。


作成: 2011-09-22 12:55:23.0更新: 2011-09-22 12:55:23.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1030,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1030