この三週間

<< 戻る   トップ >>

先月末から今月のはじめは次男・長男・妻の順で各々入院・発熱・寝込むという事態がおき、こんな状況で私自身も無事であるわけがないのだが現時点で家内でもっとも頑健なため持ちこたえた。たまたま職場でのイベント処理も重なり、多忙な日々を過ごす、そんななか11月4日には猫・さくらが家出してしまい、今日にいたるまで帰ってこない。第二週辺りからはブログを各時間はあったもののなんとなく書かずにいた。

入院した次男はあわや RSウィルス感染かと思ったのだが、幸い他の原因による気管支炎だったようだ。「さすが次男」というべきか (意味不明)、今朝はずり這いで前進することに成功した。長男はビー玉に夢中で、できればピタゴラ装置で遊びたいらしい。

とりとめのない記事だが、久しぶりゆえブログリハビリ中ということで失礼する。

午前中に投稿したこの記事を夕方あらためて読んでみたのだが、「とりとめない」どころじゃない破綻ぶりに驚いている。いっそ加筆・修正しようかと思ったのだが、破綻は破綻でおもしろいかと思い、このままにしておく。次男の入院から近況報告への遷移など、時空を超越していて楽しめるかもしれない。いや、やはりただの駄文か。

作成: 2011-11-18 09:53:47.0更新: 2011-11-18 16:17:23.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1040,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1040