未熟なアンドロイド

<< 戻る   トップ >>

Acer Iconia Tab A500

アンドロイドの話題なだけに、なんとか電気羊がらみのタイトルにしたいところだったが、思いつかなかった(笑)。先日、Acer Iconia tab A500 を手に入れた。タブレットPC は iPad を所有しているが (そして長男専用になりつつあるが)、Apple 1社しか取扱いのない iOS マシンには好感が持てない*ので、こちらをメインのスレートPC にしていこうという魂胆である。

Android のバージョンは 3.2.1 である。それにしてもいろいろと未熟だ。なまじ (十分ではないとはいえ) 熟成の進んだ iOS を知っているだけに、これはどうも、というところが多い。もちろん、こちらが対応しきれていない機能もあるのだろうけど。

例えば、一瞬 proxy の設定ができないのではないか思ったが、ネットワーク接続の SSID を長押しして設定することになっていた。詳細設定に当たるから長押しで動作するはよいとして、他の手段 (詳細設定へのリンク) がないのには困る。また、Bluetooth / USB のキーボードを接続したいと思ったのだが、たしかに動作するにはするのだが US キーボード扱いであるばかりか、日本語モード (IME) への以降するショートカットキーがない (あるいは見つけられない)。せっかく USB 端子があるのに、外付けの DVD にはアクセスできない (ように見える)。また、不要なプロセスを簡単に殺す手段がなく (あるは見つけられず)、設定を呼び出す必要があるなど、まだかゆいところに手が届かない状態だ。

正直言って Fedora をインストールしようかと思い始めている。GNOME3 はタブレットでこそ真価を発揮するだろう。

* 「事実上の標準」規格を一つの会社が独占している状況と言うのは、メインフレーム・16ビットPC時代の IBM や、32ビットPC時代の Microsoft のように、ユーザにとっては味噌代を巻き上げられるばかりでろくなことにならない。iOS はまだ「事実上の標準」にはなっていないが、そうなっては困るので好感を持てないのだ。

作成: 2012-01-31 10:48:52.0更新: 2012-01-31 10:48:52.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1054,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1054