雄猫戦争

<< 戻る   トップ >>

昨日は楽しげな問題発生についはしゃいでしまった。なにしろ tomcat のエラーログを見ても原因が特定できないエラーで途方にくれる楽しさだ。そうなると「配備ができない」正確には、「配備できる war アーカイブとできないものがある」という現象を虚心坦懐に見つめるしかない。

おそらく META-INF/context.xml か WEB-INF/web.xml に問題があるか、あるいは war ファイルそのモノが壊れているのか、試してみようと思いつつ、少し古い war ファイルを配備してみたらあっさりと配備完了。何が起きている?

さらに本日、もう一度最新版に差し替えて起動してみたら、無事に配備されている。結局、二度ほど配備失敗を繰り替えした挙句、三度目には成功したということになる。こうなってくると「再現性の無い問題」というよりやっかいな問題に拡大したのか、先の二回がたまたまうまくいかなかったのか、微妙過ぎる状況になってしまった。

配備がうまくいったからと言って、うまく動作するわけではないところもまた楽しみの一つである。とにかくデータベースからコンテンツが取り出せていないので、いつもの mysql-connector-java へのライブラリパス不通かと思ったのだが、JNDI (Java Naming and Directory Interface) から "comp" がみつからないエラーだといっている。調べてみると、サーブレットのソースコード中で DataSource の名称を java:comp/env/jdbc/nanban_web と記述していて、これが正しくは java:/comp/env/jdbc/nanban_web でなくてはいけないのだそうだ。もちろん、他にも問題があるに違いないが、とりあえずこの問題を潰さねばならない。Eclipse IDE を起動してちょこちょこ修正して war ファイルを作り直せばよいだけのことだ。ところで、今、私の身辺に稼働する Eclipse がないのだ。


作成: 2012-03-01 16:21:09.0更新: 2012-03-02 11:11:50.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1071,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1071