Apache Derby をくじる

<< 戻る   トップ >>

Apache Derby の勉強の続き。"Self-study tutorial for users new to Derby" を読み終わり、"Quick start guide for experienced JDBC users" を読んでいる。Getting Started with Derby では、"Setting up your environment" と "Using the Derby Tools and startup utilities" あたりをざっと見て終わり。このあと、Derby Developer's GuideDerby Tools and Utilities Guide は目を通しておく必要がありそうだ。

"Quick start guide for experienced JDBC users" は組み込みアーキテクチャのとクライアント/サーバアーキテクチャで用いるドライバや URL のおさらいと、クライアント/ネットワーク運用の詳細情報 Derby Server and Administration Guide の紹介だった。読了。

"Using the Derby Tools and startup utilities" より。ファイルにインポート/エクスポートできるシステムプロシジャがあるらしい。詳細は Derby Server and Administration Guide と Derby Reference Manual 参照だって。

dblook ユーティリティはインストールされていない。正確には、org.apache.derby.tools.dblook クラスが内容だ。姉妹品の sysinfo はあるから、もしかしたら fedora 17 ディストリビューション固有の問題なのかもしれない。

これにて、Getting Started with Derby の学習は終了。

そして今度は Eclipse にいじめられる

それではいよいよプログラムを書こうかと、Eclipse を起動してみた。jsp ファイルを作成しようとしていきなりエラーである (java.lang.NoClassDefFoundError: org/w3c/dom/ElementTraversal)。

The reason was that some JARs installed by plugins conflicted with the ones present in /usr/share/eclipse/dropins/dtp-enablement/eclipse/plugins/

I removed the following conflicting files from my ~/.eclipse/*/plugins :
javax.xml_1.3.4.v201005080400.jar
org.apache.xerces_2.9.0.v201005080400.jar
org.apache.xml.resolver_1.2.0.v201005080400.jar
org.apache.xml.serializer_2.7.1.v201005080400.jar

And it works now!
Red Hat Bugzilla – Bug 710815

パッケージはたまにクラスライブラリの中で移籍することもあるらしい。その移籍がうまいこと反映されていないと矛盾が生じることが今回もそのケースだ。矛盾解消のためにいくつかのアーカイブを消去する。ほんとうにこんなことをして大丈夫なのか不安だが、"And it works now!" だ。そもそもの原因は "As time goes by" で解決するだろう。

つまらん問題で足止めをくらったが、あしたからはカウンタのリメークだ。


作成: 2012-09-10 11:06:42.0更新: 2012-09-12 17:45:44.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1128,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1128