フレームワークを使うべきか

<< 戻る   トップ >>

「プログラミング Jakarta Struts」を読みながらフレームワークについて調べてみている。それで分かったのは、どうやら Struts を使うべきではないということだ。コントロールを一つのサーブレットに集中させ JSP ページに分岐させる基本構造 (MVC Model2) などは参考になるし、かつては事実上の標準であったようだが、凋落したフレームワークということらしい。では何を使うべきか。ryoasaiさんの「達人プログラマーを目指して」「Struts1に代わるWebフレームワークの選択」(2010年11月)によれば、「残念ながら今のところこれといった決め手がない」とのこと。

「java フレームワーク 主流 2012」で Google 検索すると、比較的最近の日付で「play フレームワーク」が出現する。アプリケーションコンテナがなくても動くというちょっとビックリな仕様で、かの Ruby on Rails を意識した軽量のフレームワークということらしい。トレンドということでいいのだろうか。

それにしても、「フレームワーク」は作業・管理の効率化が目的のはず。このためならば、Java を捨てて Ruby に走るべきだろう。それを分かっていながら Java を使い続けるのは、たんに好きだから・基本的に趣味だからである。ならばそもそもフレームワークを使うこともない。しかし今回フレームワークに食指を伸ばしたのは、趣味として「フレームワークを使ってみる」ことを考えたからだ。

考えてみれば IDE だってプログラム開発の効率化を考えて作られた道具だ。苦労を楽しむのなら、vi で編集し、javac でコンパイル、tomcat でテストしても開発はできるのだ。しかし Eclipse の快適さ (引数を API マニュアルでチェックしなくても大丈夫とか、改良・テストの回転の早さ) を知ってしまうと引き返せないし、そもそも手間が省けた分他のことに注意を払うことだってできるのだ。フレームワークも一度使ってみてどうするかを考えようと思う。

フレームワーク自体は、あの .NET Framework で体験したことはある。モノがモノだったせいかよい印象がない。また、「フレームワークと言えば strut」という strut ですら凋落するのだ。play フレームワークという選択も、後から「あんなキワモノに手を出して」という事になるのかもしれない。それはそれで、まあ、いいか。趣味だし。


作成: 2012-09-28 12:12:55.0更新: 2012-09-28 13:47:41.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1135,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1135