カレーラーメン

<< 戻る   トップ >>

カレーラーメンの真理については別途追求していきたいと思っているわけだが、とにかく身近にとんでもないカレーラーメンがあったので一報する。

たしかに、和風のつけ汁に冷やした中華麺をあわせるあの「ざるラーメン」にラーメンの名を冠するのならば、それをカレーラーメンと呼んでもいいだろう。しかし、たんに中華麺にふつうのカレーをかけただけのそれをカレーラーメンといっていいのか?

カレーラーメンの醍醐味というか、難しさというのは、カレーを使って中華スープをつくる、というところにあるのであって、カレーそのものを使ってしまってはあまりといえばあまりのことだと思う。カレーラーメンの名前にふさわしくない。カレー中華麺、または冷やし中華にならい略してカレー中華、いや、中華っぽさはかけらもないので、つけ麺にしたがってカレー麺あたりが妥当か。

これというのも、やはりラーメンとしての実態のない「ざるラーメン」の名称を放置していたのが原因ではないか。「ざるラーメン」よりはるかにラーメンとしての実態に近いタンメンや広東麺ですら遠慮するビッグネームを和風冷やしつけ麺などに許してしまったのが間違いだ。そう、「ざるラーメン」ではなく和風冷やしつけ麺が正しい呼称だと思う。

かくして、私こと鴨乃嘴南蛮は「和風冷やしつけ麺推進委員会」を招集し、密かにじっくりと「ざるラーメン」の撲滅を図っていくことにする。

それはそうと問題の「カレーラーメン」ことカレー麺だが、なんとも微妙な味過ぎてうまいともまずいとも判定ができていません。近日中に再挑戦したいと思います。


作成: 2006-01-17 17:53:49.0更新: 2006-01-17 17:53:49.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=116,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/116