財布三代揃い踏み

<< 戻る   トップ >>

財布三代

一昨日、財布が代替わりした。そうなると引退した先代の財布の処遇が問題となる (あくまで処遇であって、処理とか廃棄などの表現は使わない)。とりえあず机上に放置しておくわけにもいかないので、保管しようと職場の机の抽出しをあけたところ、先々代の財布があった。すなわち、3年前にも財布の処遇に困り、とりあえず保管したものである。保管しようとした行動パターンや場所が3年前と同じであったというところは、さすがに同一人物ならではなせる業である。ともあれ、私自身に「死んじゃえよ、もう」と言いたくなったのであった。

財布?先代、先々代とももちろん保管しておきます。


作成: 2013-01-17 13:33:35.0更新: 2013-01-17 13:33:35.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1160,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1160