無聊は囲うのか託つのか

<< 戻る   トップ >>


見栄をはって漢字にしたが、「託つ」と書いて「かこつ」と読む。知らなかった。それで囲うのか託つのかというと、「託つ」が正しいようだ。どこで囲うが混じったのだろうか。ただし、「広辞苑に『無聊を囲う』が記載されている」という未確認情報もあるので、「囲う」という表現もあるのかもしれない。職場には私物の広辞苑と新明解国語辞典があるのだが、家では妻の辞典に頼るしかない。その妻は「国語辞典がある」という言葉を残して眠ってしまい、妻の魔窟から辞典を発掘するのは著しく困難であるのでこの件の決着は後日とする。ちなみに、「託つ」という言い回しがこの「無聊に託つ」しかないと思ったが、「かこつける」も「託ける」と書くんだそうだ。これで少し賢くなった。

さて、インフルエンザとなるとしばし蟄居閉門であるから、無聊を託つことが予想された。そこで内科医からの帰宅時に食料とともにケロロ軍曹の第㉔巻と航空ファンを購入してきた。ケロロ軍曹についていえば、ケロン星の侵略の歴史に関する謎解きはとくに進展せず、由緒正しい藤子不二雄型異分子家族コメディが展開されていた。航空ファンは F-35 特集があったので買ってみた。787 の件は間に合わなかったようだ。ロッキードもボーイングもどうしちゃったんだろう。

今気がついたのだが、「託つ」も「囲う」連用形は「かこった」で、このあたりから混乱が生じているではないだろうか。


作成: 2013-01-31 22:21:31.0更新: 2013-01-31 22:21:31.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1171,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1171