ノートPC開閉とサスペンド問題の顛末

<< 戻る   トップ >>

SHARP LC-40E9 やはり PC ディスプレイとしては大きすぎる

ノートPC (ingres VI) を閉めたまま使用することができた。「できるようになった」ではないのは、そもそも問題が存在していなかったからだ。HDMI でディスプレイを接続して、それだけで開け閉めをしていたのだが、さらに外部キーボードとマウスを接続したところ、なんの問題もなく閉鎖状態で使用することが出きるようになった。キーボード・マウスは USB 接続でも Bluetooth でも可。結局、「外部のキーボードもマウスもなしで GUI インターフェースを使う分けないんだから、その場合はノートPCを閉じたらサスペンドすべき」ということらしい。

バレンタインチョコレートバームクーヘンについて、どうやら妻は愚か者にも見える包装 (ビニール袋) を受け取っていたらしいことが本日明らかとなった。また、先週の日曜日に手作りで芯までチョコレートのチョコレート (無意味かつ残念な形容) を作ろうとしていたことを思い出した。材料が足りないので板チョコの買出しを命じられ、帰ってきたら「湯煎の攪拌に使ったプラスチックスプーンが溶けてチョコレートと混ざった」そうで廃棄されてしまっていた。一方、誕生日のプレゼントであるノートPCケースは製作順調である。あとはボタンをつけるだけだ。刮目して待て。


作成: 2013-02-16 16:19:41.0更新: 2013-02-16 23:45:04.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1181,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1181