Java EE サンプルを作る

<< 戻る   トップ >>

"Beginning Java EE 6 Platform with GlassFish 3" の本編を読み終え、付録の「Java EE 6 ハンズオンラボ」を実行する。これまでだったら Eclipse を使う所だが、ひさしぶりに NetBeans を使用してみることにした。NetBeans 日本語サイトから NetBeans 7.3 Java EE バンドル (Linux X86/X64)をダウンロードした。シェルスクリプトになっている。もしかして Oracle 版の Java SDK もいるのかなあ、と思いつつ、そのままインストールして起動したらとりあえず動いた。そのままサンプルが動くかどうか試みることにする。

"Java Web" カテゴリの "Web アプリケーション" を選択してプロジェクトを生成。プロジェクト名の設定以外はそのままでプロジェクトの生成・Glass Fish のサーバの起動・基本 Web アプリケーションの動作まで、Open JDK で問題無し。順調過ぎて恐ろしい。

JPA エンティティの生成、データベースにアクセスする EJB の作成、EJB テストようサーブレットの作成と確認をクリア。CDI の有効化による EJB を JSF のバッキングビーンとして兼用することができて、JSF2も正常動作 (タイプミスと推定される原因でうまくいかなくてヒヤリ⇨うまくいってニヤリ)。JAX-RS を使った RESTful リソースの公開あたりは思ったように動かなかったが、ミスを追求するのも面倒なのでこれでよしとする。

まだいろいろと問題にはぶち当たりそうだが、とりあえずこれにて開発を始めることはできそうだ。


作成: 2013-06-05 13:37:51.0更新: 2013-06-05 15:44:21.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1207,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1207