次期携帯端末を考える

<< 戻る   トップ >>

2008年に導入した携帯端末、東芝 W54T がたまに不調を来すようになってきた。W54T はいわゆるスライド式の端末なのだが、そのスライドによって突然電源がきれたり、ボタンを押すと電源がきれることもある。ただしこういった不調は1日ぐらいで解消してしばらくは元気に働く。ただ、これから不調期間が長くなったり、頻度が上がったりすることは十分に予想される。

スマートフォンの無給電での稼働時間に不安があるので、できればもう一度日本在来型携帯電話を使いたいところだ。しかしできればテザリングができるモノが望ましい。そうなると KDDI の新品では該当無しだ。

それなら腹を括ってスマートフォンの導入か。そう考えると、残念ながら iOS 機には Felica が搭載されていないので見送りだ。Android ならどこのものにするか。KDDI から Sony の Xperia Z Ultra が出ればこれにしようと思っているのだが。

...

ここまで書いていて飽きた上に読みかえしてみて面白くないんだけど、どうしたものだろう。


作成: 2013-10-20 09:48:37.0更新: 2013-10-20 09:48:37.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1234,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1234