SOL24 その後

<< 戻る   トップ >>

ブログの記事を書くにあたり、Google のワードプロセッサ機能で下書きをつくり、それからおもむろにアップするという手法を試みていたところ、書きかけの断片ばかりが溜り、その断片の「旬」を過ぎると続きを書くのが億劫になり、そんなことをしているうちに断片すら増えなくなって本末が転倒してしまった。そんなわけでたとえ尻切れトンボに終わろうと、下書きなしの一発入稿に復帰する。

SONY SW2 と SBH52 写真は SW2 ロプロスと SBH52 ロデムである。まだ CP12 ポセイドンおよび SOL24 と揃い踏みの写真は撮っていない。

今月の初旬には SOL24 に関する断片がいくつかある。3月4日に SONY Smart Watch 2 が届き、その二日後にはなかなか手に入らなかったハンドセット SONY SBH-52 が手に入った。SOL24 三つのしもべ、「ロプロス」と「ロデム」である。それにしても、SOL24 を巡っては収納のために服飾体制を変更したり、補機類 (おもちゃ) を揃えてみたり、それを横山光輝「バビル2世」のキャラクターになぞらえるなど、まさしく年甲斐もなくおだっている。たかが携帯端末を変えたぐらいで我ながらどうしたものかと思うのだが、気分や生活を変えたいという潜在的な願望があって、SOL24 をきっかけに暴発したんだろう。

ところで「おだっている」は北海道の言葉だと思うのだが、調子に乗ってのぼせ上がっているという意味で使用した。使い方としてあっているんだろうか。


作成: 2014-03-21 16:42:14.0更新: 2014-03-22 17:50:58.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1257,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1257