SBH52 と GDW03

<< 戻る   トップ >>

SONY/au SOL24 三つのしもべのうち、SW2 ロプロスについては運用上の問題はなかったが、ハンドセット SBH52 「ロデム」についてはこれはいったいどうしたことか、という問題を抱えることになった。

Panasonic VE-GDW03DL 家電話の老朽化による置換えによって導入された。

まず最初の問題は、発着信履歴から電話をすることができない、というものであった。SBH52とSOL24の連携が一度成立すれば、SBH52に表示される履歴から発信できるはずなのだ。ところがこれができない。重大な不具合だと思うが、ネットを検索しても同じような例を発見できない。しばらくの間、この現象に悩んでいた。

あるとき、SOL24 を見ながら SBH52 から電話呼び出しをかけたところ、SOL24 の画面には、このイベントを処理する応用プログラムを選択せよ、とのダイアログが表示された。我が家では、「お持ちのスマートフォンが子機になる」電話器、Panasonic VE-GDW03DL を (SOL24 に伴って) 導入・運用している。SOL24 を子機とするため、Panasonic の供給する応用プログラム「スマートフォンコネクト GDW03」をインストールした。選択ダイアログは、もとからある電話応用プログラムと、スマートフォンコネクトのどちらを使用するかを尋ねるものであった。

結局、そのふたつの応用プログラムの選択がなされないために、SBH52 からの発信に失敗していたのだ。元からあるプログラムを常用として選択して、ようやくこの件は解決したのであった。SBH52から発信しようするとは基本的に SOL24 本体を使えない/使いたくないときだ。うまくいかないので SOL24 になにか警告でも表示されていないか、とスリープ状態の画面やログイン画面をみながら操作したことはあったのだが、アクティブでないとダイアログが出ないとは意外であった。

もうひとつの問題は、もう一台の「Bluetooth ヘッドセット」との併用である。(つづく)


作成: 2014-03-22 21:28:24.0更新: 2014-03-24 21:09:10.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1258,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1258