祝一平氏 没後15年

<< 戻る   トップ >>

Oh! X 1999年春号
「子供達はまだ知らない。大人達は忘れてしまった。」
「特別寄稿 X68030によせて」 Oh!X 1993年4月号より

祝一平氏が亡くなってから15年の月日が過ぎた。本名はわかっても生年のわかららぬ方なのだが、私との歳の差は十年未満と推察され、30代末か40代前半であったと思われる。絶筆は Oh! X 1999年春号の「拡張電脳学入門講座 清く正しく21世紀」であった。清く正しくあるべき21世紀の情報通信技術の世界で、彼なら何を思っただろうか。是非とも祝節で一刀両断していただきたかった。つくづくその早世が惜しまれる。


作成: 2014-04-02 19:48:01.0更新: 2014-04-02 19:48:01.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1265,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1265