「のだめカンタービレ」

<< 戻る   トップ >>

二宮知子「のだめカンタービレ」については、思うところもいろいろあるので、今日は「のだめ」ドラマ化(映画化でもいいけど)のキャストについて考えてみたい。考えてみたいのだが、洋の東西を問わず俳優女優をよく知らない。どちらかと西の方がわかるぐらいだ。というわけで、極めてせまい世界でキャスティングを考えてみる。

のだめはだいたひかるぐらいしか思い付かない。それにしても、ピアノの吹替えがたいへんそうだ。なにしろのだめときたら、「飛ぶし、跳ねるし」という演奏をするひとだからな。ところで、「飛ぶ」「跳ねる」ピアノ演奏ってどんなんだ? ドラマ化でも映画化でもアニメ化でもよいから、聞いてみたいものだ。それでいてツボにはまると「多彩な音」での凄い演奏をしなくてはいけないし、すくなくとも速弾きは得意らしいから、とにかく音つきメディアにもっていくときには吹替えは大変だ。リアルのだめという超反則技もあるが...。

千秋や峰をやれそうな二枚目にはこと欠かないだろう。多賀谷彩子も適当な綺麗所を割り当てるとして、「もじゃもじゃ」にシュトレーゼマン、江藤先生あたりはかなり個性的な配役ができるのではないか。谷岡先生森本レオとかどうだろう。

なにしろ俳優女優を知らないので、思い付いたら配役してみるとしよう。


作成: 2006-01-29 08:41:47.0更新: 2006-01-29 08:41:47.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=127,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/127