「なう」を嫌う

<< 戻る   トップ >>

相変わらず Twitter をブログ更新報告にだけ使っている。たまにそれ以外のツィートも入らないでもないが、基本は更新報告だけだ。実は Twitter の普及期に使われた「なう」という表現が嫌いで、「銀座なう」「ビーフストロガノフなう」より「今銀座にいます」「ビーフストロガノフを食べています」と書く自分でありたいと思ってきた。最近みかけないと思ったらめでたく死語殿堂に入ったようで、まさかの復活がないことを祈るとしよう。

そう祈りながら、先日禁を犯して「なう」を使ってみた。

SF1073: RESTORE_VIEW 1 の処理中に javax.faces.application.ViewExpiredException をキャッチしました: ビュー /index.xhtml を復元できませんでした、なう。
javax.faces.application.ViewExpiredException なう。

これは別に「なう」の死を悼んで追ってみたわけではなく、エラーコードや例外を Twitter にメモするにあたり、「なう」と組み合わせたら名状しがたい違和感が楽しめないかと思ったのである。結果的をみると、予想に反して違和感はなく、それでも「…というエラーが表示された」とか「…を投げつけられた」などの動詞を省略したことによる知性の欠如感がはなはだしく、now でもナウでもなくひらがなで「なう」と書く表現の貧相さとも相俟って、これはもう謝るしかない。

ごめんなさい、もうしません

ところで、FaceBook の "GoodLike!" はともかく「いいね!」も嫌いになんだけどどうしたらいいんでしょうね。


作成: 2014-06-10 16:49:14.0更新: 2014-06-17 15:46:48.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1280,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1280