永遠の Sesto

<< 戻る   トップ >>

現行の鴨乃嘴南蛮 CMS を更新したいと思いつつ幾星霜。という話はおいておいて、Eclipse で Java EE 7 の開発を行う。

Eclipse は Fedora 25 の「ソフトウェア」から標準のEclipse をインストール。開発作業そのものが久しぶりで「英語でも平気」という気がしないので、Pleiades を使って日本語化した。つづいて、Eclipse のヘルプ "Install New Software" から Eclipse Repository の「Web, XML, Java EE および OSGi エンタープライズ開発」を選択し、インストール。このあたりで仄かな記憶がよみがえる。その記憶をたどり、新規プロジェクトの中から、Web - 動的Webプロジェクトと進み、適当なプロジェクト名を与え、ターゲット・ランタイムを指定する。新規ランタイムから、RedHat JBoss Midleware の JBoss AS,WildFly & EAP Server Tools を選ぶ(新規-サーバでもいけるような気がする)。このランタイムのインストールが終わり、Eclipse を再起動して、再度動的 Web プロジェクトを選ぶと、ようやく新規ランタイムから WildFly を選ぶことができるようになる。このとき、新規ローカルサーバの作成をチェックすると、次のステップで WildFly ランタイムのダウンロードとインストールができる。


作成: 2017-08-24 15:26:54.0更新: 2017-08-24 15:26:54.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1306,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1306