JAX-RS

<< 戻る   トップ >>

必要だったのは JSF (JavaServer Faces) ではなく、JAX-RS (Java API for RESTful Web Services) だった。

Java EE を使ってシステムを構築するには、とにかく JSF を使わなくては、という思い込みがあったのだが、Apache Tomcat ですら JSP と Servlet の2種類のプレゼンテーションを柔軟に使うことができたのに、Java EE にその程度のことができないはずがない。PC(大型画面用の) ページはこれまでのように HTML + JavaScript で構成して、データ転送を JAX-RS で行えばよいのだ。それでもって携帯デバイス向けはせっかくだから JSF で構成しようか。

それにしても、寺田佳央・猪瀬淳・加藤田益嗣・羽生田恒永・梶浦美咲著、小田圭二監修の「Java EE7 徹底入門」はけっこう読みやすい入門書である。


作成: 2018-02-22 15:29:09.0更新: 2018-02-22 15:29:09.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1316,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1316