WordPress をインストールする【練習編】

<< 戻る   トップ >>

諸般の事情により WordPress をインストールすることになった。まずは練習編として、localhost で動かしてみる。はじめは普通にWordPress のインストールどおりにやろうとしたのだが、ふと思いついて dnf install wordpress を試してみたらなんとインストールできたので、そのまま使ってみるとする。日本語化プラグインとかが必要になるような気がする。Fedora Magagine に "How to install WordPress" があったので今度はそちらのいうなりに。

# dnf -y install wordpress
# mysqladmin -u root password
New password: 
Confirm new password: 
# mysqladmin create mywpsite -u root -p
Enter password:
# mysql -D mysql -u root -p
Enter password: 
MariaDB [mysql]> GRANT ALL PRIVILEGES ON mywpsite.* TO 'sqluser'@'localhost' IDENTIFIED BY '********';
MariaDB [mysql]> FLUSH PRIVILEGES;
MariaDB [mysql]> QUIT
# setsebool -P httpd_can_sendmail on
# setsebool -P httpd_can_network_connect_db on

mariadb-server はあらかじめインストール済みである。確認はしていないが、wordpress が依存しているので自動的にインストールされるんじゃないだろうか。必要に応じて、/etc/httpd/conf.d/wordpress.conf の require ディレクティブや firewall の設定を変更する(今回はテストのみのため変更なし)。

続いて、mariadb に設定した DB名やユーザ名などを /etc/wordpress/wp-config.php で DB_NAME, DB_USER, DB_PASSWORD に設定する。httpd をリブートすれば動作するので、あとは設定をするだけだ。

あとは、日本語化するのと、mariadb で1ブログ 1データベースの対応になっているのかをチェックして練習を終える。


作成: 2018-02-27 18:44:04.0更新: 2018-03-08 09:52:56.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1319,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1319