ただいま迷走中

<< 戻る   トップ >>

どこでどうして迷走しているかというと、人生の迷走はいつものこととして、改めて落ち着いて現状を鑑みるに、ingres VI の不調で、その起動を待っている状況だ。ingres VI は2012年12月調達のマシンであるから、おおよそ5.5年使っていることになる。その寄る年波のせいか、起動が不安定になっている。熱が原因なのか、単に起動が確率事象になっているのかはつきとめていないのだが、そろそろ ingres VII について考えるべき時が来たのかもしれない。

それにしても、5.5年にわたってとくに不満を感じることなく使ってこれたことには驚かされる。2000年代前半までは、おおよそ 1.5年で陳腐化し、3年で我慢できなくなるというのが普通だった。サーバはともかく、ワークステーションは隔年のペースで更新していたように思う。それが5年たっても陳腐さすら感じないとは、PCという道具の成熟の成せる業か。

実はこの記事の第一段落はタブレットPC ASUS ZenPad 10 で書いた。ようやく ingres VI が起動したので、そちらを使用している。そもそもなんで ingres VI を再起動したかというと、Fedora を 27 から 28 に更新したからである。なぜ更新を思い立ったかというと、Fedora 上で Android 用のアプリを動かしたいと思っていろいろいじくっていたからである。


作成: 2018-05-19 11:23:04.0更新: 2018-05-19 11:41:06.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1326,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1326