ingres VI 引退

<< 戻る   トップ >>

「ちょっと書いていなかった」つもりでも、それがあっという間に1ヶ月半の空白期間になってしまう。独り浦島効果のお年頃にも困ったものだ。

結局、雪風を組立もしなければ、色を塗ってもいない。しかしその間に確実に ingres VI (Lenovo U310) の老朽化は進むのであって、非常に起動に時間がかかるようになった。もしかして次の再起動はないのではないか、と危惧されたので、いよいよ諦めて引退させることにした。

そうは言ってもまだ未練があるので、せめてもう一太刀(明らかな誤用表現である)、CPU 冷却ファンの交換だけはしてみることにした。さらに、チップコンデンサーの破損あたりもありそうな話なので、改めて目視確認してみたい。なにしろ、起動シークエンスさえまともに動いてくれれば、仕事には事欠かないのだ。可能な限りいじってダメならきっぱりと廃棄しようか。いっそ修理するというのも悪くないかもしれない。


作成: 2018-11-20 19:18:59.0更新: 2018-11-20 19:18:59.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1368,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1368