アパリッショナル考

<< 戻る   トップ >>

スマホゲーム「なめこ栽培キット」に登場する「ンフリッショナル」のモデルは「宇宙人」の一類型「アパリッショナル」であった。しかし、この「アパリッショナル」という用語自体になんともいえない違和感がある。そもそも、いまだかつて存在したためしのない「宇宙人」が分類できるわけがない。しかし、例えば「ウルトラセブン」に登場した宇宙人の分類は可能かつ重要であるように、ヒトが想像した宇宙人の類型化は可能だ。

そんな中で、「アパリッショナル」は「アパリッショナル(幽霊):意識や精神など霊的な存在のみ、または電気などのエネルギー信号のみで構成された、実体の存在しない生命。」と説明されている。これにたいして人間に似たタイプは「ヒューマノイド(人間型):地球の人類と類似した形質を持つもの。」と説明されている。ヒューマノイド型と同じ形式で記述すれば「アパリッション(幽霊型):…」となるはずだ。apparitional 【霊的な】は形容詞で、名詞形は apparition 【幽霊】だからだ。もしかして、"apparitional extraterrestrial intelligence" あたりから形容詞形のまま引っ張ってきてしまったのであるまいか。

apparitional で検索すると、とりあえず "Alien Research: Apparitional" という Wiki に記載があった。この Alien Research Wiki、「世界最大級のエンタテイメント・データベース」を運営している FANDOM のサイトである。情報の信頼性についてはわからない。とにかく、"Alien Research" によれば、項目名 "Apparitional" で、"An apparational is an alien appearance of an Exotic being. Reports of ghosts and spirits could also fall into this category. " と記述されている。「プロフェッショナル: professional」のように、本来形容詞であるものが名詞になる用法なんだろうか。「FANDOM の Wiki を信頼するならば」という条件付きで「アパリッショナル」の表記でいいらしい。「アパリッショナル」で Google 検索すると6,140件ほどヒットする(2018年12月20日 11:00)。その中には「アパリッショナル型宇宙人」という表現があるのだが、どうしても「的・型」の二重修飾感がぬぐえないので、すなおに非物質型などと表記したほうがいいような気がするが、とにかく違和感は多少なりとも解消した。


作成: 2018-12-19 16:38:20.0更新: 2018-12-20 10:30:27.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1373,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1373