財布を調整する

<< 戻る   トップ >>

ファスナーの壊れた長財布 ファスナーの壊れた長財布
無印良品のパスポートケース カードポケットとクリアポケット

財布を調整するわけだが、当然「財布の中身」の調整ではない。ここのところ、いわゆる「長財布」を使っていて、現金はもちろん、各種カードも集中して運用できる点を評価していた。一方、その大きさや操作性には問題点と指摘したい。さらに、これは「長財布」というフォーマットとは別の問題なのだが、書店やホームセンターの安売りワゴンの長財布は、その品質に問題があり、おそろしく寿命が短い。4月には3か月ほど使用した長財布のファスナーが壊れた。

無印良品ならよい長財布があるのではないかと探して見たが、探し方が悪かったのかもしれないが見つからず、かわりに「パスポートケース」を見出した。必ずしも長財布というフォーマットに拘っているわけではないので、代替システムは見つかればよいのであって、試しに使ってみることにした。

その結果、財布ではないのにも関わらず、財布としての使い勝手が大変に良い。問題は、カードの収容で、カードポケットは5枚しかない。よく使うカードのみここに配置し、残りのカードは、輪ゴムで束ねてクリアポケットに収容した。使い勝手としてはそれほど問題はないが、束ねたカードで「財布」の厚みが増すのがおもしろくない。

よく見れば、クリアポケットはリングバインダー方式で実装されている。無印良品のことだから、カードポケットタイプのリフィルぐらい作っているのではないか。と思ったのだが、残念ながら存在しないようだ。ならばシステム手帳のリフィルなどを流用できないだろうか。


作成: 2019-05-09 20:41:18更新: 2019-05-10 19:59:02
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1414,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1414