長距離ライダーの孤独

<< 戻る   トップ >>

今日は私の誕生日なので一部の国民の祝日である。よって休んでいた (ちゃんと有給休暇とって)。不幸にして酔って休んでいたわけではない。午前中からベッドパッドとシーツなど寝具類の洗濯を果たし、荒物屋の開くのを待って買いものに出かけ、以前からうだうだしているカウンターサーブレットのドキュメントをどうしようかと思案したりしていたのだ。

それなりに充実していたのだが、このあたりでつい魔がさして「ナデカタサーカス」http://www.h7.dion.ne.jp/~n_circus/ というウェブサイトで言及されてる「ガラオックス」とはなんぞや、と調べてしまった。その結果悪のネット百科事典、Wikipedia の「仮面ライダー」の項目にハマッて午後を過ごしたのである。至福の一時であった。

初代仮面ライダーにハマッた世代である。蜘蛛男とかカマキリ男とか描けと言われれば描けるのではないか。ただし笑いもとってしまう気がするが。その後もアマゾンの途中で休んだり、スカイライダーはほとんどわからなかったりするのだが、仮面ライダー Black では燃えたものの RX でやめて、実はその後のライダーはよくわからない。

それがついつい悪の百科事典、Wikipedia で悪は悪なりに体系的に解説されていたので、没頭してしまったのである。

どうも RX 以降の仮面ライダーには、「それは仮面ライダーといえる」というものから、「それは違うだろう。」というものまであるようだ。これは「アギト」から「響鬼」まで、チェックする必要がある。

やはり仮面ライダーは「ヒトと違うことの孤独と使命」がテーマでなくてはね。安易に機動武闘伝やサムライトルーパーになってはいけないと思う。種にもね。


作成: 2006-02-13 21:50:51.0更新: 2006-02-13 21:50:51.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=142,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/142