鴨乃嘴南蛮停止・今度は Tomcat の更新

<< 戻る   トップ >>

またもやサーバ renoir(museo-anonimo.jp) が停止した。例によってデータベースサーバ mariaDB の起動に問題発生か、と疑ったのだが、mariaDB は問題なく動いていた。エラーログなどをつらつら眺めるに、Tomcat のバージョンアップ(9.0.13-2⇒9.0.21-1 )によって生じた問題であった。

java.lang.ClassNotFoundException: org.apache.commons.dbcp.BasicDataSourceFactory

BasicDataSourceFactory がいったい何処で使われている何者なのかなんて覚えているはずがない。どこの誰だは知らないけれど、パッケージが更新されたらしい。google で検索すると、context.xml の factoryを変更(org.apache.tomcat.dbcp.dbcp -> org.apache.tomcat.dbcp.dbcp2)すればよいとのことだ(Qiita: Tomcat 8でDB接続時に BasicDataSourceFactory が ClassNotFoundException)。

context.xml 該当部分がないので捜してみると、なんと tomcat.conf に Java 起動オプション扱いで設定されいた。

JAVA_OPTS="-Djavax.sql.DataSource.Factory=org.apache.commons.dbcp.BasicDataSourceFactory"

org.apache.tomcat.dbcp.dbcp ですらなく、org.apache.commons.dbcp である。もしかして、今まで、ものすっごく古い呪文で動いていたのではないだろうか。

これにて一件落着したものの、tomcat 謹製の manager アプリケーションでちょっと面白い問題が生じるのであった。


作成: 2019-06-29 17:37:33更新: 2019-06-29 17:37:33
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1423,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1423