さらば jQuery

<< 戻る   トップ >>

星辰の位置が整ったので、復活しようと思う。

滅亡する直前に調べていたのはいわゆる「フロントエンド」の問題だ。かつて(2018年3月ごろ)、この問題については jQuery を使えば良いよね、ということで解決をみたはずだったのだが、実はその時点で jQuery は黄昏ていたようだ。jQuery はフロントエンドインターフェースのライブラリであると同時に、標準規格と無法者「IE」の間を埋める機能を果たしていて、後者の機能が高く評価されていたらしい。そうなると、フロントエンドとしての機能を重視して作られる新なライブラリには抗し難いというところだろうか。

jQuery に替わって、Angular、React、Vue などのライブラリが登場している(「Rのつく財団入り口」より「【JavaScript】3大フレームワーク Angular, React, Vue.jsを比べてみよう」)。重厚長大と思しき Angular から、それよりやや軽快らしき React、より軽快な Vue というところか。とりあえず、一番学習コストが軽そうな Vue は使ってみようと思う。

「使ってみよう」であって、「採用の検討」でないのには理由がある。そもそも、jQuery を採用しようとしたのは、jQuery がフロントエンドの「事実上の標準」と考えたからである。おそらく、そうであった時期もあったと思われるが、jQuery がその地位を去ったのであれば、採用する理由はなくなる。しかも、フロントエンド開発は流行り廃りが激しい分野とする見方もある。確かに jQuery の退潮は速すぎるように思える。それならば、とくに必要でもないフロントエンドライブラリは使わずに、オリジナルの JavaScript スクリプトを組めばよいだけなのだ。

また、本文中「フレームワーク」という言葉を用いなかった。しかし、Angular/React/Vue はライブラリではなくフレームワーク、「フロントエンドフレームワーク」と呼ぶことが多いらしい。フレームワークなのかライブラリなのか、そのあたりも見究めてみたい。


作成: 2019-08-11 08:19:17更新: 2019-08-11 08:19:17
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=1427,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/1427