User Agent による切り分け

<< 戻る   トップ >>

えんやらやっと「鴨乃嘴南蛮」の作成をはじめようと思う。データベースの作成やら、いろいとろやらなくちゃ行けないことも多いのだがまず手がけるのはブラウザによる表示ページの切り分けだ。とりあえず基本的なところだし、簡単そうだし。

基本的には対応ブラウザとそうでないプラウザで切り分ける。非対応ブラウザの場合にはテキストページ(テキストと言っても XHTML + CSS、ただし Java/JavaScript を使用しない) を表示し、対応ブラウザの場合には Web Window 画面に移行する。

次の段階は User Agent の Java の状況判定だが、これは HTTP のレスポンスで調べることができたんだったかな。


作成: 2006-03-28 17:52:18.0更新: 2006-03-28 17:52:18.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=180,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/180