アルコール帝国の興亡

<< 戻る   トップ >>

長い人生の歩みにおいて、嗜好するアルコールというもの変遷はつきものである。今日、いままさに「赤ワイン不適合時代」の只中にいることを認識したことを宣言するものである。

長き「ビール時代」は黄昏つつある。いまはまさに「第二種焼酎時代」が勃興しつつあるようだ。

いつの日か、「赤ワイン時代」ともみまえん。だた今は赤ワインは「赤ワイン時代」の訪れを予感するために試験的に飲むのみだ。


作成: 2006-04-04 22:27:20.0更新: 2006-04-04 22:27:20.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=192,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/192