BANDAI、恐るべし

<< 戻る   トップ >>

私は今、猛烈に感動している。

BANDAIのプラモデル製造技術の最高峰は、決してガンプラマスターグレードやハイグレード系ではない!

「ケロロ軍曹」シリーズだ。箱をあけ、パーツを観察したときの困惑。ニッパでパーツを切り出すためのすき間がない。

組立説明書をみると、さすがに「引きちぎれ。」とは書いてないものの、手でランナーからパーツを外すイラストともに、「きれいに取り外そう。」とちゃんとルビつきで書いてある。試みに引きちぎってみてみると、ちゃんととれる。結構きれいにとれる。もちろんマジメに作るにはそのあとペーパーがけとか必要なレベルだが、ふだんガンプラを作るときのニッパ+カッターナイフ程度にはきれいにとれる。

ようするに、非常に完成度の高いスナップキットだ。途中まではニッパやカッターナイフで無駄な抵抗をしていた私だが、途中からわりきって引きちぎりまくりました。

いやー、プラモってここまでわりきるとあっけないぐらい簡単に完成しますね。ちっと仕事方面で暗澹たる気分になっていたので、よいストレス解消になりました。

これなら妻にもプラモデルの楽しみを理解してもらえそうなので、ケロロ軍曹かクルル曹長の製作を任せてみたいと思います。今日作ったのはギロロ伍長です。今日「大人買い」といわれる大人げない買い方で3体かってきましたので。

「地球侵略にあって真に警戒すべきなのは BANDAI の技術力である。」(ケロロ軍曹)


作成: 2006-04-23 20:47:39.0更新: 2006-04-23 20:47:39.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=204,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/204