UNO をつくる

<< 戻る   トップ >>

Java で UNO を作る、というのはこれまでにも何度かやっているのだが、どうも芳しくなかった。そこで、今回はアプローチをがらりと変えて挑戦してみた。

これまではネットワークゲームにすることを意識して、サーバソケットをつくるあたりからやっていたのだが、今回はそれすら無視して、純粋なゲームシミュレータとして作ってみた。

現在のところ、保育園児向けUNOというか、リバースやらワイルドカードやらが全く機能せず、淡々と同じ色または同じワードのカードがあれば出していくというものだが、見通しのよいプログラムになっている。

つぎにいわば UNO の肝である役札の処理に移行しようかとも思ったのだが、シンプルなうちにグラフィカルモニタをつくることにする。

ただし、ここらでやめておくのが充実した週末と家庭円満の秘訣だろう。


作成: 2006-05-22 18:50:19.0更新: 2006-05-22 18:50:19.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=214,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/214