ガザC をつくる

<< 戻る   トップ >>

ひとつなにかに没頭してやろう、ということでひさびさにガンプラに手を染めた。モノは AMX-003 ガザC スペシャルタイプである。いわゆる可変モビルスーツの中でも、「トラクターに無理矢理戦車砲を積んで戦車に仕立てたような代物」という破天荒な設定のモビルスーツで、その割にはガザD、ガゾウムという後継機が作られることになるのだから劇中で「これで戦うパイロットが哀れ」といわれる程のひどい機体ではなかったのではないだろうか。

近頃のガンプラはそう簡単には組み上がらない。関節あたりに細かいパーツが集中して部品数がやたら多い上に、可変機構を備えたモノは可変部のパーツが上乗せされる。やすりもかけずもちろん色も塗らず、ニッパとカッターナイフだけでパカパカと組み上げたのだが、4時間かかった。

まあ、手抜きとは言えこれでひとつのモノができあがるというのはそれなりに充実感のあるところで、よい息抜きになった。


作成: 2006-06-17 18:32:36.0更新: 2006-06-17 18:32:36.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=219,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/219