携帯端末の更新

<< 戻る   トップ >>

携帯端末の更新を検討中だ。いわゆるウォークマン的音楽の聴きかたをしてみたいのだ。

実をいうと、カセットテープの「元祖ウォークマン」を利用したことがない。CDを再生する「ディスクマン」は持っているものの実はつれて歩いて聞いた記憶がない。

もっともウォークマンらしい使いかたをされたのは、実は DAT ウォークマンである。かつてのオーディオ趣味が絶頂にあったころで、ちゃんと DAT デッキも持っていて、それで録音した DAT を持って歩くという非常に Hi-Fi なコンセプトで楽しんでいたのであった。

もっとも印象に残っているのが、DATウォークマンでブルックナーの交響曲第7番を聞きながら金閣周辺を逍遥したことで、なるほど音楽をつれて歩くというのも悪くないな、とようやくウォークマンのコンセプトを肯定的にとらえるようになった。20世紀末のことである。

ところで、金閣逍遥以外では携帯ステレオをあまり使っていない。移動方法を自家用車に頼っており、自家用車にはカーオーディオはちゃんと付けているから携帯ステレオを使う場面がほとんどないのである。

ディジタルストレージが大容量化し、テープやCDを単位としていた携帯オーディオの携帯ジュークボックス化、iPod が登場したわけだが、家と車と職場にオーディオシステムがあれば、携帯オーディオはほとんど必要ないのである。

それでも今回携帯オーディオに関心をよせているのは、携帯端末ならけっこうちゃんと携帯するだろうと考えるからだ。携帯オーディオを携帯する習慣がないし、携帯端末に加えて携帯オーディオを持ち歩くのは私にとって複雑な処理なので、自家用車以外ででかけるときにも携帯し忘れる公算が高い。以前携帯端末と PDA を併用していた時期もあった。結局 PDA は「重い上に使わない」状態になり、PDA 携帯生活というコンセプトを破棄してしまった。携帯オーディオ単能機を携帯する習慣を身に着けたとしても同じ運命をたどる可能性が高い。

その点、携帯端末そのものが携帯オーディオでもあれば、かなり高い携帯率が期待できる(私は携帯端末の携帯し忘れが多い)。もちろん二つの装置を携帯しなくてもよい。DAT ウォークマン以来の音楽携帯生活をたのしむことになるのかもしれない。


作成: 2006-06-22 11:33:57.0更新: 2006-06-22 11:33:57.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=224,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/224