作業記録(6)

<< 戻る   トップ >>

作成および変更日時の追加

いうまでもなく、投稿記事の一覧には時系列情報が欠かせない。当初の構想では変更履歴を単独の表として持つつもりであったが、考えてみれば作成時やその後の改訂時の記事を保存するわけでもなし、作成日時と最終改訂日時だけがあればよい。

そこでまずデータベース nanban_web の article 表にカラムを加えた。

mysql> alter table article
    -> add column created datetime,
    -> add column updated datetime;

続いて、これまでの記事のデータをいい加減に設定した。

mysql > update article set created='2006-07-12 11:17', updated='2006-07-12 11:17';

editor およびメインメニューの動作を確認した。

管理ディレクトリのパスワード保護

突然 nanban/wps だけをパスワード保護できるかどうか不安になったので、確認。

tomcat-user.xml にロールとユーザを追加

  <role rolename="nanban_web"/>
  <user name="nanban" roles="nanban_web" password="jugemu"/>

web.xml にセキュリティ情報を追加

<security-constraint>
  <web-resource-collection>
    <web-resource-name>KAMONOHASHI Nanban</web-resource-name>
    <url-pattern>/wps/*</url-pattern>
  </web-resource-collection>
  <auth-constraint>
    <role-name>nanban_web</role-name>
  </auth-constraint>
</security-constraint>
<security-role>
  <role-name>nanban_web</role-name>
</security-role>
<login-config>
  <auth-method>DIGEST</auth-method>
  <realm-name>Iinput Password for WPS.</realm-name>
</login-config>

問題なし。ただし、Eclipse のブラウザでは DIGEST 認証が行えない? ようなので、開発中は BASIC にするか url-pattern を逸しておくかしておくことにする。

MovableType からの移行準備

モバからの移行を検討していたら、結局移行用のプログラムを作りはじめてしまった。特殊な作業だから JSP/サーブレット群とは別のアプリケーションにしようかとも思ったのだが、結局 JSP でお手軽に書くことにした。

そこで珍しく <input type="file"/> の存在を思いだし、モバの出力する移行用ファイルをこれで指定しようか、と考えた。ところが、標準のサーブレットクラスライブラリには、multipart で送られたファイルを読み込む手段がない (らしい。案外最新のライブラリにはあったりして)。そこで、apache の配布する Commons ライブラリから、fileupload を組み込んで使用した。ところが、どうやら fileupload には io というライブラリも必要であるらしく (英語ドキュメントだったのできちんと読んでいない)、結局次の二つの jar ファイルを $CATALINA_HOME/common/lib/ の下に複写する必要があることが解かった。

  commons-fileupdate-1.1.1.jar
  commons-io-1.2.jar

数字は現時点でのバージョンである。


作成: 2006-07-12 11:15:17.0更新: 2006-07-12 11:15:17.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=240,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/240