花火その他

<< 戻る   トップ >>

昨晩は魚津に花火を見に行った。義祖母宅におじゃましてその二階の縁台からビールを飲みつつ花火を観賞したのだが、くつろげるところでのんびりしながら花火を見るというのは、望外の贅沢であるということがよくわかった。

たっぷりビールを飲んだのでよもや今日は使いものにならないか、とも思ったのだが、存外に使えてウェルカムツールボタンの設置と日付表示(曜日付き)の追加、各記事へのカテゴリ追加を完了した。小ネタ三連発と言う感じだが、残りは結構大ネタだから夏休みのちょうどよい手遊(てすさ)びだ。次は検索エンジン対策のテキスト版とデスクトップ版の URL 統合をしてしまおう。あと、デジカメが泣いている。写真のアップができるようにしなくては。その前にデジカメの USB ケーブルを探さねば。

そういえば、ずっと秘密にしていたのだが、紛失していた手鞄が見つかった。クレジットカードやら銀行のカードやらも入っていた鞄なので、なくしたとなるとかなりややこしいことになるはずだったので、安心した。どうやら猫が保護しておいてくれたらしい。正確に言うと、先週の水曜日猫のワクチン注射に動物病院に行ったのだが、その帰り猫の入った篭と猫のごはん (10kg) を抱えて帰る羽目になったので、ごはんの入ったナイロン袋に鞄もつっこんだのであった。猫がたいそう飢えている様子だったので、ごはんを出してやることを優先した結果、ねこのリビングにナイロン袋にいれたまま放置してしまったのだ。どうしてこの放置が「猫に保護されていた」ことになるかというと、袋から引っ張りだして噛んだり引っ掻いたり蹴ったり殴ったりしっこを引っかけられたりしていなかったことが保護にあたるわけで、いっそ噛んだり引っ掻いたり蹴ったり殴ったりしてくれれば早期に発見できたとも思われるのだが、もしかすると本革製というのはうそなのだろうか。


作成: 2006-08-09 23:19:38.0更新: 2006-08-10 01:19:32.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=265,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/265