がんばれドラゴンズ

<< 戻る   トップ >>

CS放送受信の件であるが、懊悩の末断念することにした。そもそも中日ドラゴンズの試合を見るために導入を企画したのだが、実装した場合次のような事態が想定される。1) 毎日ドラゴンズ戦を見つづけることにより、その他の機能がものの見事に停止する。2) 毎日見ることができるという安心感から、ドラゴンズへの関心がなくなる。

いずれの場合も、CS放送導入によって得るものより失うもののほうがはるかに大きい。やはり、ドラゴンズは遠くにありて思うものであるべきだ。

この三日間、いわば天王山の後の安土城紛争のようなタイガース戦をちゃんと NHK BS-Digital が放送してくれたので、なんとか正気に戻ることができた。毎日ドラゴンズの試合をみることができる状態は想像を絶している。名古屋 Native でない私には、やはり時間・空間的な距離が必要なのだ。そもそも、生来へそ曲がりな私であれば、名古屋に生まれたら間違いなくアンチドラゴンズになったであろう。

それにしてもタイガースはしぶとい。3連戦前には「ちょっとは抵抗してくれないと。」と余裕ぶっこいていたのだが、こうなると「やっぱり優勝するのは楽じゃない。もしかするとやばいかもしれない。」という心境に変わってきた。


作成: 2006-08-31 22:30:34.0更新: 2006-08-31 22:49:17.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=275,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/275