龍虎対決 (我が家の)

<< 戻る   トップ >>

龍虎対決図

プロ野球セ・リーグのペナントレースもいよいよ大詰めになってきた。一時はタイガースに 9ゲーム差をつけて楽勝するかに見えた我中日ドラゴンズも、タイガースの異常な粘りのおかげで 3ゲーム差まで詰め寄られて毎日の試合結果に一喜一憂である。

それにしても龍虎でこれだけもつれてしまうと、家庭内が不穏である。妻はなにしろタイガースファンだから、こちらが頭を抱えているときは妻が歓喜しており、こちらが勝利の舞を舞っているときは妻の機嫌が悪い。

というわけで、家内安全のため阪神タイガースはただちに無駄な抵抗をやめてドラゴンズの優勝に貢献してほしい。

先日よりなるべく日記に写真を入れるように心がけている。龍虎対決ということで適当な素材を探したのだが、竜については綿入れ (写真) の他には食玩ガメラシリーズのバルゴンかジャイガー、虎に関しては魚津の縁日であてたかぶりもの (写真) かおそらくゲームセンター由来と思われ、猫のおもちゃとしてヒゲをすべてむしられたヌイグルミ、または茶虎猫のアレックスぐらいしか適切な被写体がないことが明らかになった。当初は「バルゴン対アレックス」を撮影しようとしたのだが、モデルのアレックスが生意気にも撮影拒否したので (フラッシュの赤目防止発光がこわかったらしい)、綿入れとかぶりものの対決となった。

我が家にシャオロンとトラッキーが配備されていないのは、ドラゴンズ/タイガースファンとして問題があるような気がする。トラッキーはともかく、シャオロンの配備を急がねば。福留のサヨナラホームランも出たことだし。


作成: 2006-09-26 22:19:52.0更新: 2006-09-26 23:11:59.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=301,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/301