追悼 武藤 礼子さん

<< 戻る   トップ >>

武藤 礼子さんが亡くなられた。新聞各紙の訃報では、「米俳優エリザベス・テーラーの日本語吹き替えやアニメ「ふしぎなメルモ」のメルモなど、主に声優として活躍した。」とのことだが、武藤さんの当たり役としてはなんといってもルパンIII世の峰不二子である。

ルパンIII世 第二シーズン以降では増山江威子さんが峰不二子を長らく演じていて、多くの人にとっては増山「不二子」の方がおなじみだと思うが、第1シーズンからのファンとしては「いつかは武藤『不二子』の復活を」というのが悲願であった。伝説の第1シーズン第1話、スコーピオに磔けにされてくすぐり拷問を受けたのも、初代マモーに誘拐されたのも武藤「不二子」であったのである。増山ファンには申し訳ないが、未だに私の峰不二子は増山さんの凛とした不二子ではなく、武藤さんの甘い不二子なのである。

第2シーズン開始のとき、まあいろいろと都合もあるだろうから「代役として」増山さんが不二子を演じることも容認できた。しかし、いつか武藤さんの不二子が帰ってくると思っていた。

テレビシリーズでは増山「不二子」が定着した感もあったので、映画なら、とも期待したのだが、復帰はなかった。「マモー」はともかく、「カリオストロの城」は是非武藤さんに演じてもらいたかった。第2シリーズの名作、「死の翼アルバトロス」「私の愛したルパン」もせっかく宮崎ー大塚のラインを復活したのだから、武藤「不二子」で観たかった。

ルパンIII世自体、「21世紀にそろそろアルセーヌ・ルパンの孫じゃまずいだろう。」という作品であるのだが、ともかく武藤「不二子」礼子さんの峰不二子再演の可能性消滅をもって私の中での「ルパンIII世」は完結である。

武藤礼子さんの御冥福をお祈りします

【追記】このブログを書いた翌日起床した時点でふと「ルパンIII世第1シリーズの峰不二子は二階堂有希子さんではなかったか?」と思いだしました。武藤さんは第3話「さらば愛しき魔女」のゲストキャラクターを演じていたので何か勘違いをしたようです。訂正してお詫びします。

というわけで、二階堂「不二子」の復活をつよく要望します。


作成: 2006-10-31 22:50:32.0更新: 2006-11-01 08:13:31.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=307,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/307