「空げんき」とその後の顛末

<< 戻る   トップ >>

なんとなく仕事ブルーが入ってきたので、週末の予定などをたててせめて空元気を得ようと企てた。

本日のよい天気を見るにつけ、年末の旅行に備えて歩いておかなくてはいけないことを思い出した。土日のうち一日は溜まっている仕事の解消におこもりをしなくてはいけない有様だが、せめて天気のいい方の一日は歩くことにしよう。

富山市南部の我が家から、中心部に向かって歩いていこう。たぶん妻はそんなことをすると死ぬから、あとから車で追いついてもらって、中心部をうろついた後やはり歩いて帰ろう。

... という予定をたてて空元気を燃え立たせたのだが、念のため週末の天気予報を見ると雨。なんということだろうか。空元気すら「しおしおのぱー」である。

プールつき月極め銭湯の人間用「リスの回し車」に乗るのはいやだし (同銭湯は社会的にはスポーツクラブと呼ばれていてリスの回し車や走行できない自転車が置いてあるらしい。その空間に入ったこともないのだが)、基礎体力の涵養ということでプールに出たり入ったりして半日ぐらい銭湯ぐらしをしてみようか。


作成: 2006-11-09 11:52:56.0更新: 2006-11-09 12:04:33.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=310,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/310