三つの linkback

<< 戻る   トップ >>

CMS (Contents Management System) 開発関連で、Trackback について調べていたらふと "Pingback" という単語が目に入った。これまで Trackback と Pingback は同じモノを指す言葉だと思っていたのだが、微妙に違うらしい。微妙に、というのはどちらもリンク先にたいしてリンクしたことを通達する、という大まかな機能は同じなのだが、実装方法が違う、ということである。

en.wikipedia.org によると、どうも「リンク通達」、すなわち linkback については三種類あるらしい。Refback、Trackback、Pingback である。Refback は HTTP ヘッダの referer を利用するもので、(リンクを含む) 記事の製作者には特段の負担はない。Trackback は自動化も可能だし、明示的に送信も可能。Pingback は基本的に自動動作だ。

とくに Trackback と Pingback は微妙な機能の違いはあるにせよ、規格戦争の状態にあるように見える。なにをやっているんだか。

それに付き合うのもバカバカしいのだが、基本的にこの CMS は技術力を浪費する趣味のシステムだから、こうなったらいっちょ全てに対応してやろうじゃないの (とりあえず Trackback から)。

ところで、英語版 Wikipedia は日本語版より頼りになるかも。"Zaku" が独立項目として存在するのは不安だが。


作成: 2007-04-10 10:03:31.0更新: 2007-04-10 10:35:57.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=348,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/348