「鴨乃嘴南蛮」考古学

<< 戻る   トップ >>

考古学というよりも古生物学かもしれない。とにかく発掘しなくてはどこになにがあるのやらという状態だ。おおよそ以前の「鴨乃嘴南蛮」は USB メモリ "VERONA" に納められているようだ。で、やばくて公開できないかもしれない「始祖」版は昨年の職場サーバ HDD ふっとび事故により失われていた可能性もあり、かつ "VERONA" の中でいくつか発見された zip ファイルの中にあるようでもあり、予断をゆるさぬ状況だ。

とりあえず、"dion_htdocs" という 2005年12月25日に作成されたフォルダから発掘を開始する。名称と日付からして、インターネットプロバイダを DION から so-net に変更したときにとったバックアップと考えられる。私の記憶が正しければ (怪しい)、DION 版はその前のプロバイダ、TAM-net 版を素直に継承したものだったはずだ。したがって当初の目標は TAM-DION期のコンテンツの発掘と再現になる。

TAM-DION期

うわっ。HTML 4.01 だって。古っ。いきなり 2003年11月モノが!

以上が dion_htdocs フォルダのうち、日記系コンテンツ。4月6日の日記で発掘を終了したものと思われる。TAM-DION 期そのものは2005年12月の So-net 期への移転まで継続していたものの、2005年9月21日には livedoor ブログ「鴨乃嘴南蛮派出所」に移行した。2005年5月〜8月の4ヶ月間は放置期間 (たぶん)。

DION期においては、当初は DION ホームページサービスを利用していた。ただし2004年末から家サーバの運用を開始したものと思われるが、結局家サーバはなにか機能を果たしたのだろうか。今後の史料研究が望まれる。それにしても、ほんの2〜3年前のことを見事に忘れている。

それにしても、2004年末にはビールを (350ml缶) を11本も飲めたらしい。いまじゃ無理だ。それよりも、かつての素晴らしいアイディア、「Titan カラーコーディネート」が本日の発掘作業の最大の成果である。


作成: 2007-04-22 11:25:17.0更新: 2007-04-27 09:08:54.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=362,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/362