2004年02月04日 «Wed»

<< 戻る   トップ >>

甘くせつない虚脱の日々は長くは続かなかった。まあ、給料をもらっている勤め人なのだから当然といえば当然であるが。


作成: 2004-02-04 19:40:05.0更新: 2004-02-04 19:40:05.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=394,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/394