Fedora Core の Eclipse

<< 戻る   トップ >>

Fedora Core 4 には Native Eclipse 3.1.0 がパッケージと用意されている。FC4 リリース当時には起動しないなど、いろいろと問題のあり過ぎるパッケージだったのだがいまはなんとか動いている。ただし、メニューの日本語化ができない。また、Amateras 日本語エディタなんかを入れると Native じゃない Eclipse より断然動きがおそくなる。

日本語メニューは 3.1.1 対応ならできるらしい。めんどくさいので三段構えにした。

  1. Eclipse 3.0.1 これはいままで使っていたもの
  2. Eclipse 3.1.0 (Native)  問題のものだが、もしかすると将来性はそれなりにあるかも。
  3. Eclipse 3.1.1 は 非Narive。 Native が追い付いてくるまで 3.0.1 に変わって

なぜか chmod 755 jdk-1_5_0_05-linux-i586-rpm.bin しても ...bin が実行できない。

# sh jdk-1_5_0_05-linux-i586-rpm.bin

で処理した。これで JDK インストール完了。

Eclipse を解凍し、/usr/java/jdk-1.5.0_05/jre をシンボリックリンク。

Eclipse を起動し、ヘルプメニューの更新をつかって GEF をインストール。

Amateras HTML Editor を解凍してインストール。

術式終わり。


作成: 2005-11-01 23:55:04.0更新: 2006-07-30 13:32:06.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=42,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/42