家畜の勢い(実践編)

<< 戻る   トップ >>

以前、この blog で伊藤 理佐考案の間違い成句「家畜の勢い」について考察した。そのおり、「家畜の勢い」でなされる行為を見てみたいものだ、と結んだのだが、どうも自ら家畜の勢いを実践しているような気がしてきた。

我が家は夫婦揃って片付けられないヒトなのだが、最近私は片付けている。もうお分かりいただけたと思うが、この片付けのペースが家畜の勢いと思えるのである。

いずれは「片付け戦線物語」としてまとめたいと思うが、今回の戦線は台所の流しから始まっている。いうまでもなく、毎日の食生活でかならず散らかる部分である。片付けは、まず流しを処理してから他の部分を片付ける、というふうに推移していく。「机上戦線」とは異なり、短期決戦とはならないのである。

したがって、遅々として捗らないが、確実に前進するしか勝利への道はない。まさに家畜の勢いである。


作成: 2005-11-04 10:03:04.0更新: 2006-07-30 13:27:14.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=44,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/44