検索機能をつけました

<< 戻る   トップ >>

検索機能をつけました。
IE では違うものが見えているという噂が...

なんだかんだであっさりと検索機能がついた。主に執筆者である私が使うことになるであろう。

早速「古い友」で引いてみた。プログラミングにおける「古い友達」「古い友人」という仲間内の符丁の解説がこれまでにあったかどうかを知るためだ。

何度か使ってはいるが、とくに解説はないのでこの際解説する。人間、同じ過ちを繰り返すことがある。たとえば JSP で受け取ったパラメータを日本語がどうしても化ける、というようなミスだ。原因を突き止め、防止策まで練って文字化け解消、よかったよかった安心した後でまた「日本語文字化け」。別の問題が発生したわけではなく、また同じミスをしただけだ。

同じ失敗を繰り返し、しかもその解決に手間取ったときなどは思わず自嘲的に「この道はいつか来た道」と歌いたくなる。これではあまりにもストレートなので、森進一の「襟裳岬」から「寒い友達が訪ねてきたよ。」を採用し、「寒い」を「古い」に替えて、「古い友達」こと「繰り返した過ち」について自嘲するわけである。したがって「古い友人」より「古い友達」が適切な記述だ。

どういうわけか、古い友達は HTTP レスポンスヘッダの Content-type とか、HTML URL Encode の日本語コード処理とか、CGI 関連に多い。Ajax がらみとはいえ、今回もフォームまわりで古い友達に遭遇してしまったわけで、CGI の日本語処理は鬼門なのだろうか。

ところで、「襟裳岬」ではこの後「遠慮はいらないから暖まってゆきなよ」と続くのだが、この手の「古い友達」には早々に立ち去っていただきたいものだ。ていうか、出入禁止?


作成: 2007-05-11 21:22:34.0更新: 2007-05-12 23:06:13.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=481,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/481