GIMP

<< 戻る   トップ >>

Fedora を使用していると以前絵描きに使っていた Illustrator とか使えないので GIMP を使おうかと思う。

例によってグラフィック系のソフトは癖が強いのでなにか GIMP のよい教科書がないものか、と思っていた。もちろん、日本語版の GIMP マニュアルとかよいものはあるのだが、世代的に紙でできたマニュアルの方が使いよいのだ。(日本語版 GIMP マニュアルが PDFならきっと印刷して使用しただろう。それぐらいよいマニュアルである。)

私のような紙嗜好人間の受容に答えるためか、The GIMP BOOK (大河原 浩一他、毎日コミュニケーションズ、 ISBN4-8399-1922-4) という本が出ていたので早速勉強している。

271ページ中70ページまで読んだ感想としては、「悪くない。入門書として優れている。しかし、門に入ったら二度と読まないと予想される。」


作成: 2005-11-13 17:22:04.0更新: 2006-07-30 13:21:45.0
http://museo-anonimo.jp/nanban/?id=49,http://museo-anonimo.jp/nanban/tr/49